曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

働き方

何のために仕事をするのか

投稿日:

コロナによって生き方や
働き方に疑問を持つ人が増えました。

でも、1年前と何も変わっていない人が
ほとんどじゃないでしょうか。

先月25日に、東京、大阪、京都、
兵庫を対象に3度目の
緊急事態宣言が出されました。

酒類を提供する飲食店や大型商業施設には
休業要請をするなどの
より強い措置がとられています。

2度目の宣言が出されていた
今年1月の状況を見れば、
サービス産業では売り上げが落ち込み、
例えば、宿泊・飲食業は前年比42%の
減少となったそうです。

3度目の宣言発令でこうした業種は
さらに打撃を受けると思います。

この事態から脱出する切り札は
ワクチンですが、日本は絶望的に
遅れているので、まだ先は不透明です。

この記事で今の働き方を考え直す
きっかけになれば幸いです。

50歳までに退職希望24%

リクルートライフスタイルの
2020年6月実施の調査によると
20~40代の会社員552人に
「何歳くらいまで働きたいか」を尋ねたところ

50歳までの退職希望が計24.8%で、
65歳(23.7%)や60歳(18.1%)を
上回った、とのことです。

「いますぐ退職したい」は8.3%に上り、

「すぐにでも辞めて自分の時間に使いたい」(30代女性)

「もう十分働いた」(40代男性)など、
働き盛りでの早期リタイアを望む声が
上がったようです。

一方、具体的な目的があって辞めたい
という回答は少なかったとのことです。

仕事=しなければいけないこと

という少しネガティブな捉え方を
している人が多いのだと思います。

 

その仕事で目的地に辿り着くか

これから若い人も何のために
仕事をするのかきちんと
考えないといけません。

あと50年、60年以上もあるわけですから。

ただ、生活維持のためだけの
仕事は寂しいです。

高齢者も定年を迎えてから
死ぬまで長いです。

生きていくためだけに
2~30年も仕事ができるとは思えません。

今の仕事をした先に憧れている
理想の自分の未来に辿り着くか
考え直す必要があります。

仕事は手段です。
手段とは乗り物です。

ハワイに行きたいなら
飛行機しかありません。

にも、かかわらず、
電車に乗っている人ばかりです。

それが1年前と何も変わっていない人です。

行動を変えずして結果を変えたい
というのはムシが良すぎます。

腕立て伏せをしたら
腕が太くなるように
何を頑張るかで結果が変わります。

今、自分がやっている仕事は
自分の幸せとどう関係があるか
たまにはゆっくり考えたいですね。

END


-働き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

働く現在地

自分のキャリアの現在地

この1年間はコロナによって、 当たり前のことに「疑問を持つ力」を 鍛えることが出来ました。 生き方、働き方、稼ぎ方など、、、 今回は「自分の働き方の立ち位置」を 考えるきっかけになれば幸いです。 目次 …

働き方

時代に合わせた準備と働き方

東京商工リサーチによると 2020年度の倒産企業数は 7,163件だったそうです。 色々な補助金や助成金・給付金で 去年よりも件数は少ないですが 足元の事業環境は悪く、 各種制度融資によって延命しつつ …

国際成人力調査の日本の結果

PIAAC(国際成人力調査)は 先進国の学習到達調査の大人版で、 16歳から65歳を対象として 仕事に必要な、 「読解力」 「数的思考力」 「ITを活用した問題解決能力」 を測定する国際調査で、 OE …

労働時間

時間とは関係ない働き方へ

  日本の年間労働時間が大幅に減っている。 2020年は1人平均1811時間となり、 3年前に比べ116時間縮小した。 労働、3年で100時間減 効率的な働き方の継続課題: 日本経済新聞 ( …

業種よりも「職種」

就活生も、転職する社会人も、 業種より「職種」の方が大事だと 個人的には思います。 たとえば、業種って、 ■農業 ■漁業 ■鉱業 ■建設業 ■製造業 ■化学工業 ■鉄鋼業 ■電気・ガス・水道業 ■情報 …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。