曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

調査・研究

世界幸福度ランキング2022年版

投稿日:

ソース画像を表示

世界中の国に住む人々の幸福度を調査する
世界幸福度報告2022年版が公開されました。

新型コロナウイルスの感染拡大よる
社会的不安が広がる中、慈善活動に励む人が
感染拡大前と比べて約25%増加するなど
興味深い内容となっています。

世界幸福度報告は国連が設立した非営利団体
持続可能な開発ソリューション・ネットワーク
2012年以降毎年発表しているもので、
150以上の国・地域に住む人々から
社会的支援の充実度や人生の自由度などの
自己評価値を集計し、各国・地域の
「総合幸福度」「一人当たり国内総生産」
「健康寿命」「人生の選択自由度」
「他者への寛容さ」「国への信頼度」
「社会的支援」を数値化しています。

世界幸福度報告の2022年版で報告された
総合幸福度ランキングはこのようになりました。

1位フィンランド
2位デンマーク
3位アイスランド
4位スイス
5位オランダ
6位ルクセンブルク
7位スウェーデン
8位ノルウェー

上位8カ国をヨーロッパの国が独占しています。

世界幸福度報告はヨーロッパの国々が
上位を占めている理由について
「仕事と生活のバランスが良好である」
「教育や医療が無料で提供されている」
といった点が影響していると推測しています。

日本は54位です。

社会システムや行政の体制によって
幸福度は随分と変わりそうです。

でも、それって、なかなか一人では
変えられないことですよね。

だから、幸福度を高めるために
自分でできることもやっていく必要があります。

世間の常識や体裁など、誰かが、
敷いたレールの上を走るのではなく、
自分で考えた道を自分の足で
歩んでいるという実感。

ここに、人生の大きな喜びがある
と僕は思っています。

そのために、自分で勉強する癖をつけて
自分で判断できるようになることが
大事な気がします。

END

 

-調査・研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

チャレンジ

人が挑戦して諦めるまでの回数

最近は若者に〝冷めた子〟が 多くなってきている気がします。 「そんなん、やっても意味ない」 「話してもわかってもらえない」 「どうせ、やってもムダでしょ」 何もしないうちから白旗を 揚げるようなことを …

ビジネススキル

2030年に求められるスキルTOP20

2045年にシンギュラリティが起こる と言われていたり、今の小学生の65%は 今はない仕事に就くと言われる今、 この激変時代を生き抜く上で、 求められるスキルというものを オックスフォード大学が発表し …

自粛生活

新しい経験が新しい自分を作る

読売新聞社の全国世論調査によると 7割がコロナ禍の自粛生活に 「最大で1年程度しか耐えられない」 と感じていることがわかりました。 調査は1月25日~2月28日、 全国の有権者3000人を対象に行い、 …

ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則

アメリカの損保会社で 調査部の副部長をしていた ハーバート・ハインリッヒさんは、 ある工場で発生した数千件の 労働災害を統計学的に調査しました。 その結果、 「1つの重大事故の背後には、 29の軽微な …

朝型夜型

朝型VS夜型、収入が高いのは?

興味深い調査を見つけました。 その内容は、 「年収1400万円を超える人の 6割が朝方のライフスタイル」 というものです。 2015年にプレジデント社が 5000人を対象に行なった調査です。 さらに、 …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。