曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

生き方 読書

未来の自分へ贈る言葉

投稿日:

キングコング西野亮廣さんの著書
新世界」の“おわりに”に素敵な
言葉があるのでご紹介します。

少しだけでもいいから、挑戦して
少しだけでもいいから、失敗から学んで
少しだけでもいいから、傷を負って
少しだけでもいいから、涙を流して
少しだけでもいいから、想いを背負って

強くなってください。

でもね、キミが頑張れるサイズは
決して見誤っちゃダメだ。

少しぐらいの無理は必要だけど、
続かない無理はやめた方がいい。

身体が保っても、
気持ちが保たない場合がある。

挑戦して、毎日めいっぱい殴られて、
悲鳴をあげることもままならなくなって、
キミの気持ちが壊れそうになったら、
その時は、逃げるんだよ。

なりふりかまわず逃げるんだよ。

逃げた先で、次の一手を考えればいい。

生きてさえいれば、
必ずまたチャンスは巡ってくる。

まずは自分を懸命に守れ。
話しはそれからだ。

今日は上手くいった?
それともドジっちゃった?

明日は今日よりも半歩だけ
前に進めるといいね。

いつかキミが震えるほどの
感動に出会えますように。

大丈夫、いけるよ。

新世界」の“おわりに”より

 

多くの人は本気を出せないんじゃなくて
本気を出して本当の自分を、
見たくないだけなんだと思います。 

失敗した自分がダサいって思っちゃって、
そんな自分を見るのが嫌で、
薄々気付いてるんだけど、
できない自分を再認識するのが嫌で。

きっとセルフイメージを壊したくないだけ。

臆病なメンタルが思考と
行動にブレーキをかけているわけです。

それもわからなくはないけど、
僕は行動しないまま迎える
未来の方がよっぽど怖い!!

今の自分がいろいろ言い訳して
5年後、10年後の自分が
ダサかったら嫌だもんね。。。

 

最後に僕が大好きな精神科医
斎藤茂太先生の
言葉を紹介します。 

「人生に失敗がないと人生を失敗するよ」

人生一回きり
後悔のない人生を!

 

-生き方, 読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

社会貢献

東日本大震災から10年

今日で東日本大震災から 10年が経ちました。 当時、僕は高校生でした。 震災の翌月に大学生になり、 ボランティアに行った時に見た 災害状況は今も鮮明に覚えています。 ぶっちゃけ、僕1人なんかが ボラン …

高年齢者雇用安定法

高年齢者雇用安定法で直面する未来

高年齢者雇用安定法は定年の引き上げ、 廃止や再雇用により、希望者全員の 65歳までの雇用を企業に義務づけています。 これに加え、希望する人の70歳までの 就業機会の確保を企業の努力義務とする 改正法が …

他人から学ぶべきたった1つのこと

コロナをきっかけに、生き方や、 働き方に疑問を持った人が 増えたんではないでしょうか。 「このままでいいのかな・・・?」って。 つまり、「人生や仕事に意味を感じたい」 って、より思うようになった人が …

裸でも生きる

【本感想】裸でも生きる~25歳女性起業家の号泣戦記~

今回は山口絵理子さんの著書 「裸でも生きる~25歳女性起業家の号泣戦記~」についての感想です。 本でこんなに感情移入したのは久しぶりで すごく勇気をもらえる本です。 【ざっくり あらすじ】 本に書いて …

ひとり旅には人生に必要な要素がある

先日、ひとり旅してきました。 太平洋を一望するテラスで見る サンセットがロマンティック過ぎて 圧巻のロケーションだった。 ひとり旅って人生にめちゃくちゃ 必要な要素が詰まっている。 それは「自分で決め …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。