曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

自己啓発

幹事には目に見えないメリットがある

投稿日:

幹事

飲み会や集まりごとを企画する時、
みんながその場にいれば、
今すぐその場で話し合って概略を
決めることができますよね。

でも、そうじゃなかったら、
誰かが一人ひとりに連絡して、
皆の都合や意向を聞くところから
始めないといけなかったりします。

いわゆる「幹事」ってやつです。

 

幹事になると労力も使いますし、
意外に時間もけっこうとられます。

細かいことかもしれませんが
連絡、その他に対する出費もあるから
金銭的にも得をすることはありません。

時には参加者同士の意見の食い違いで
面倒な調整もしなくちゃいけません。

 

幹事

 

だから、一般的には幹事になるのを
敬遠する人が多いです。

そこで、幹事役を買って出る人は
大歓迎されます。

幹事は参加する人全員が楽しめるように、
公平さを心掛けないといけません。

特に、
自分の好みだけに従って計画を立てたり、
特定のメンバーに有利な便宜を
図ったりすると他の人たちに嫌がられます。

私心を捨てて努める必要があるわけです。

 

 

こうやって幹事になれば、労ばかり
多くて神経をすり減らす結果になるけど
担当した旅行や会合が成功に終われば、
みんなに感謝されます。

その充実感がこの上ない報酬です。

それに、参加者の一人ひとりと
コミュニケーションをとる機会が多いです。

だから、
人との関わりあいが深くなります。

これは目には見えないですし、
数値化もでききませんが大きな収穫です。

 

特定のグループで「万年幹事」なら
みんなに認められている
と思っていいでしょう。

好かれているかどうかはわかりませんが
嫌われていないことだけは確かです。 

 

↓併せて読みたい記事↓
人の気持ちがわかるには


-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

人生100年時代を生き抜く方法論の前に

「人生100年時代」という言葉があります。 2021年4月から施行される 改正高齢者雇用安定法により、 希望者は70歳まで働けるようになります。 これで自動的に、 定年は70歳になったようなものです。 …

100年時代

100年時代を生き抜くために必要なこと  

学生時代にたくさん勉強したとしても たかだか約20年です。 しかし、人生100年時代と言われている今、 その後の80年間を全く学ばずに 生きていくのは無謀すぎますね。 今、現在だって定年を待たずして、 …

職場の人間関係

【人間関係】職場に苦手な人がいるあなたへ

ギャラップの調査では組織から 離れていく人の不満は 組織全体ではなく、 「上司のみが不満」が70% 上司から離れたいがために 職場を去る人は、50%だそうです。 実際に上司が原因で 悩んでいる人は多い …

向き合う

自分から逃げるほど生きがいから遠ざかる

人には多かれ少なかれ、 悩みというものがあります。 その度に「やっていない宿題」 に気付かされます。 それは、 選択するために必要な 情報収集かもしれない 人の心を掴むための 心理学の勉強かもしれない …

自分の人生

何かを始めれば決意を試される

今年も残り30分を切りましたね。 2021年はどんな1年だったでしょうか? 僕は、幸せの価値観がよりハッキリして 好きな人やコトに時間を使うことができ、 絶対に社会貢献がしたいと思った1年でした。 今 …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。