曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

生き方

「苦手を改善するより得意を伸ばそう」の意外な落とし穴

投稿日:

Best Job Interview Articles

苦手を改善するより、得意を伸ばそう
という風潮がありますよね?

僕は、あれ、一言抜けていると思っていて
正しくは、こうじゃないかと思うんです。

30代以降は苦手を改善するより得意を伸ばそう

 

もっと言うと、30代以降は得意分野でしか
誰にも勝てないし、誰にも相手にされない、
そんな気がしています。

だからこそ、「人として」をもっと、
磨いておくべきで、20代のうちに、
「欠落的欠点」を無くすべきだと思うんです。

 

1.ケアレスミス

2.スケジュール管理ミス

3.タスク漏れ

4.文章や話が長い

5.返信が遅い

 

20代で苦手分野を全部克服した人は、
30代で自分の得意分野に集中できるので、
徐々に頭角を現します。

誰かがカバーしてくれる働き方でも、
若いうちはいいと思いますよ。

でも、年齢を重ねるたびに絶対苦労します。

5つの欠落的欠点がある人って、
必ず、誰かを心配させています。
必ず、誰かに迷惑をかけています。

誰かにカバーしてもらわないと
仕事が回らない人に周りは
大きな仕事を任せようとは思いません。

結果、頼りにされなくなります。

 

苦手があることは決して
恥ずかしいことではありません。

苦手から目を逸らすことが
恥ずかしいことです。

苦手なことは誰にだってあります。

でも、その苦手なことと向き合う人と
向き合わない人はいます。

苦手なことから逃げる人って、
逃げグセがついていて、
それが生き様として、
顔つきにも出ているんですよね。

 

「自分の人生に責任をもって生きる」
という感覚をもっと持ちましょう。

⁡自分で自分のことを決められない人は
人のせいにするんですよね。

⁡責任を持つってことは
言い訳しないってこと。

 

誰かが幸せにしてくれるわけじゃない。
自分で幸せになるんです。

誰かに成長させてもらうんじゃない。
自分で成長するんです。

 

END

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スティーブジョブズ

スティーブ・ジョブズ、伝説のスピーチ

・ スティーブ・ジョブズさんが、 スタンフォード大学の卒業式で行った、 伝説的なスピーチの一部が超ナイスです。 17歳のときに 『毎日を人生最後の日で あるかのように生きていれば、 いつか必ずひとかど …

沖縄

20代を振り返って、今、思うこと

今日、30歳の誕生日を迎えました。 そして、生まれてから 10,564日が経ちました。 人生は3万日と言われているので 人生の1/3は終わっていますね。 つまり、あと2万日=480,000時間 睡眠を …

高年齢者雇用安定法

高年齢者雇用安定法で直面する未来

高年齢者雇用安定法は定年の引き上げ、 廃止や再雇用により、希望者全員の 65歳までの雇用を企業に義務づけています。 これに加え、希望する人の70歳までの 就業機会の確保を企業の努力義務とする 改正法が …

政府批判

政府を批判する人たちの共通点

新型コロナウイルスが感染拡大して もう、三年以上経ちました。 そこにウクライナ情勢、円安など、 日本は景気が明らかに後退気味。 今は、まさにスタグフレーション! ※スタグフレーション 景気が後退してい …

副業

厚労省、企業に副業解禁加速

厚生労働省は企業に対し、従業員に、 副業を認める条件などの公表を求め、 副業を制限する場合はその理由を含めて 開示するよう促すようになるようです。 そもそも、現在の指針では、 労働者の安全 業務秘密の …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。