曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

生き方

「苦手を改善するより得意を伸ばそう」の意外な落とし穴

投稿日:

Best Job Interview Articles

苦手を改善するより、得意を伸ばそう
という風潮がありますよね?

僕は、あれ、一言抜けていると思っていて
正しくは、こうじゃないかと思うんです。

30代以降は苦手を改善するより得意を伸ばそう

 

もっと言うと、30代以降は得意分野でしか
誰にも勝てないし、誰にも相手にされない、
そんな気がしています。

だからこそ、「人として」をもっと、
磨いておくべきで、20代のうちに、
「欠落的欠点」を無くすべきだと思うんです。

 

1.ケアレスミス

2.スケジュール管理ミス

3.タスク漏れ

4.文章や話が長い

5.返信が遅い

 

20代で苦手分野を全部克服した人は、
30代で自分の得意分野に集中できるので、
徐々に頭角を現します。

誰かがカバーしてくれる働き方でも、
若いうちはいいと思いますよ。

でも、年齢を重ねるたびに絶対苦労します。

5つの欠落的欠点がある人って、
必ず、誰かを心配させています。
必ず、誰かに迷惑をかけています。

誰かにカバーしてもらわないと
仕事が回らない人に周りは
大きな仕事を任せようとは思いません。

結果、頼りにされなくなります。

 

苦手があることは決して
恥ずかしいことではありません。

苦手から目を逸らすことが
恥ずかしいことです。

苦手なことは誰にだってあります。

でも、その苦手なことと向き合う人と
向き合わない人はいます。

苦手なことから逃げる人って、
逃げグセがついていて、
それが生き様として、
顔つきにも出ているんですよね。

 

「自分の人生に責任をもって生きる」
という感覚をもっと持ちましょう。

⁡自分で自分のことを決められない人は
人のせいにするんですよね。

⁡責任を持つってことは
言い訳しないってこと。

 

誰かが幸せにしてくれるわけじゃない。
自分で幸せになるんです。

誰かに成長させてもらうんじゃない。
自分で成長するんです。

 

END

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

良識と常識

「常識」と「良識」

「常識」という言葉は誰もが聞いたこと あると思いますが、「良識」という言葉を 聞いたことがあるでしょうか。 ボクは最近、知りました。 そして、「良識」とは何か?すごく 考えるようになりました。 まず、 …

吉田松陰

吉田松陰から学ぶ〝志〟

「吉田松陰」という歴史上の 人物をご存知でしょうか? 高杉晋作の生涯に大きな影響を 与えたと言われています。 最近、僕は「志」について、 よく考えるんですが、 その「志」について考えさせられる、 吉田 …

田中角栄

田中角栄さん、超かっこいい!

経営者には、幸せにするべき5人の人がいる 「感動経営」を実現するリーダーの条件 という本の中に、元内閣総理大臣の 田中角栄さんに纏わる素敵なお話が あったので、紹介します。 ある問題を起こした方が解決 …

出会いが感性を灯す

「大人になったら遊べないから 学生のうちに遊んどけよ!」 そんなアドバイスをくれる大人に 覇気はなく、残念ながら 憧れた人は誰一人いませんでした。 学生時代に描いていた「自由」とは 「時間があること」 …

人の器はどこに現れる?

人の器はどこに現れる?

ぼくは人としての器が大きい人に すごく魅力を感じます。 共感してくれる方も多く いらっしゃるんじゃないでしょうか。 そんな、器が大きい人は必ず人よりも 辛いことを経験してきています。 それが顔つきに現 …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。