曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

働き方

挑戦した未来と挑戦しなかった未来

投稿日:

先日、「サントリーが45歳定年制度」
というニュースが話題になりました。

発信側と受信側で認識のズレがあったので
解釈や意見もさまざま、賛否ありましたが
これまでも、早期退職者募集はあったので
言い方が違うだけで、同じ会社でずっと、
長く働き続けるのが難しくなっているのは
間違いないのではないかと思います。

「ジョブ型雇用」という言葉も出てきて、
雇用が多様化されていることも、
間違いなさそうです。

これからの働き方について
考えていきましょう。

キャッシュポイントが複数あるか

ここで、今一度、理解しておくべきことは
会社員の方はいずれ収入が
止まるってことです。これは絶対です。

・倒産したとき
・リストラされたとき
・定年したとき

いつか、0になるんです。

これからの時代は収入源が1つしかない
というのはリスクでしかありません。

お笑い芸人さんがわかりやすいですよね。
劇場だけが仕事という芸人さんはいません。

今、大事なのは
「收入」を増やすことよりも
「收入【源】」を増やすことです。

会社員で副業にチャレンジしていない人は
投資でいうと下がるかもしれない株に
全額、ぶち込んでいるようなものです。

投資なら分散してリスクヘッジするはずなのに
労働においては1点集中してしまっています。

 

チャレンジしなかったらどうなるか?

僕も、「副業って難しくない?」とか
「起業するってリスクじゃないの?」
ってよく言われますが、
一番リスクなのは何もしないことですよ。

やったらどうなるか?も大事だけど
やらなかったらどうなるか?も大事です。

多くの人は副業にチャレンジする前に
「できそうか?」だけで判断します。

でも、チャレンジしなかったら
どうでしょうか?

「死ぬまで一生労働」です。

意外とこれを考えている人が
少ないんですよね。

労働すれば、労働した分、
すぐに給料が貰えるから手っ取り早くて
ラクですが、労働ばかりしている人は、
勉強する時間が全くありませんから
その仕事でしか通用しないスキルと
偏った人脈しかできなく、
いずれ、困っていきます。

そしたら、いずれ必ず来る、
・倒産したとき
・リストラされたとき
・定年したとき
の、どれかに直面したときに
新たな道を切り開くことは
とても厳しいです。

 

不安がある人の共通点

最近、色んな人と喋っていて
気付いたことがあります。

それは、いくらお金があっても
自分で稼いでいない人は不安がある
ってことです。

たとえば、大企業のサラリーマンで
年収が7-800万円あったとしても
雇われている以上、
自分で稼いでいないので、
いずれ止まるかもしれない。
ってことがいつも頭にあるからですね。

マーケティングって、世の中でいう、
「売れる仕組み」のことを指しますが、
僕はもう1つ、こう捉えています。

マーケティングを理解している人は
自分の給料がなぜその金額か説明できる人

サラリーマンは説明できませんよね。
だから、不安なんだと思います。

なんか、毎月お金が、
振り込まれるわけですから。

ラクはラクだと思います。

極端な言い方ですけど、思考停止でも、
言われたことをやっていれば、
毎月お金が振り込まれますから。

でも、ラクをしてきた人は必ず、
後で苦労することになっています。

「雇われて20万円もらう人」と
「自分で2万円稼ぐ人」とでは
金額だけで見ると10分の1ですが、
絶対に後者の方が価値があると思います。

自分で何をどうしたら稼げるか
わかってくると、だいぶ、
不安は消えていきますよ。

 

答えは〇〇にある

答え

副業が難しいんじゃないんです。

「やったことないこと」は
難しくて当たり前なんです。

すでにできることを繰り返しても
できないことができるようにはなりません。

やったことがないことは
うまくできないものです。

だから、新しいことにトライする時は
必ず知っている人からアドバイスを
もらうようにしましょう。

答えはいつだって、
自分の外にあるってことを知ること

 

ーーーー

おススメの本

 

 

併せて読みたい記事

その働き方は資産になっているか

大企業で働く人へ伝えたい働き方

-働き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ギグエコノミーを取り入れよう!

「お金の大学」という著書で有名な リベラルアーツさんもサラリーマンの 9割が豊かな老後を迎えられない 3つの理由があると言っています。 結論、理由は以下の3つと言っています。 ①サラリーマンは大金を稼 …

働く現在地

自分のキャリアの現在地

この1年間はコロナによって、 当たり前のことに「疑問を持つ力」を 鍛えることが出来ました。 生き方、働き方、稼ぎ方など、、、 今回は「自分の働き方の立ち位置」を 考えるきっかけになれば幸いです。 目次 …

高年齢者雇用安定法

高年齢者雇用安定法で直面する未来

高年齢者雇用安定法は定年の引き上げ、 廃止や再雇用により、希望者全員の 65歳までの雇用を企業に義務づけています。 これに加え、希望する人の70歳までの 就業機会の確保を企業の努力義務とする 改正法が …

カンブリア宮殿から学ぶオーナー思考

先日、カンブリア宮殿という番組の 「コメダ珈琲の新戦略」を観た。 「オーナー」にフォーカスした ドキュメンタリーでトークも 交わされていた。 この番組を観て思ったのは 同じことをしていても立場によって …

時代が変われば、働き方も変わる

国税庁が2020年3月19日に公表した 「国税庁統計法人税表」(2018年度)によると 赤字法人(欠損法人)は181万6,508社でした。 産業別で、赤字法人率が最も高かったのは 小売業の74.7%( …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。