曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

自己啓発

与えるだけが優しさじゃない

投稿日:

僕の大好きな著書「夢を叶えるゾウ」に
こんなことが書かれています。

「『お客さんを喜ばせる』んと、
『お客さんが求めるものを、
何も考えず与える』んはちゃうんやで」

ガネーシャは続けた。

「例えば、子どもが『甘いものが欲しい』
言うから、甘いものを与え続けたら、
その子どもは虫歯になったり、
身体が丈夫になれへんかったりするやん。

それは長い目で見たらその子を
喜ばせることになれへんやろ」

 

相手が求めているからといって、
それをすぐに差し出せば、
後々、痛い目にあうってことですね。

ドラマ「ドラゴン桜」でも、
こんなシーンがあります。

「あなたの目の前に飢えてる人がいたとします。その場合あなたはその人に魚を釣ってあげますか?それとも釣り方を教えてあげますか?」

その時に、聞かれた先生は、
「釣ってあげる」と答えました。

すると、質問者の芥川先生は、
「教師失格だな」と言うわけです。

もう何が言いたいかわかると思いますが、
目の前で飢えている人がいたら、
魚を釣ってあげたくなりますよね。

お腹を空かせているわけだから
満たしてあげる、、、
悪くないと思います。

でも、このシーンで伝えたいのは、
「釣り方を教えてあげない限り、
その子は自力で食っていけない」
ということなんですね。

点で考えれば、優しさだけど、
線で考えれば、優しさが仇となる。

求めていることが何か見つけるのは
難しいし、時間もかかりますが、
求めているものを与えることは簡単です。

〝長い目で見る〟
って、大事にしたいですね。

だから、教えすぎるのも、
優しさじゃないわけです。

「考える力」や「気付く力」を
奪っちゃっているわけですから。

本当に優しい人は知らない人が見たり、
点だけで見れば厳しい人に見えます。

でも、本当に相手のためを想うなら
時に「鬼となる」ことも
大切なんだと思います。

「甘やかす」と「優しくする」は
似て非なるもの、だね。

END


-自己啓発

執筆者:


  1. […] 「与えるだけが優しさじゃない」 というブログを先日書きましたが 「長い目で見る」っていうこと、と、 「自分の子どもに買ってほしいか」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

傷つけられた

「傷つけられた」は存在しない

何か言われて、胸が痛くなったり、 苛立ってしまうのは、多少なりとも 自分に心当たりがあるからです。 言われて傷つくのは 自分自身がそう思っているから。 たとえば、誰かに、 「もっと努力しろ」って言われ …

幸せじゃない

幸せじゃない人の意外な盲点

幸せじゃない人って 「幸せになりたい!」 と思っていないからなんですよね。 あなたは幸せになりたいですか? って聞くと、全員が「はい」と言う。 でも、どうなったら幸せですか? って聞くと、大多数が「、 …

人生の糧になる負ける経験

最近は親御さんや大人の手厚いサポートで 「負ける経験」をする時期がだんだん 後ろ倒しになっているように感じています。 細かい話でいくと、ケガが危ないからって 公園の遊具が撤廃されていっているのも よく …

出会いって奇跡的な確率

たとえば毎日5人の新しい人と 出逢いがあったとしても 毎日5人 1週間で35人 1年で1,825人 これを20歳から70歳まで 50年間続けても91,250人です。 この数字みてどう思いますか? 地球 …

早起き

早起きしないのはもったいない理由

みなさんは普段、早起きしていますか? 何時に起きていますか? 早起きすると、早起きした時間の分だけ、 気持ちに余裕が持てます。 つまり、自分と向き合う時間が持てます。 現代に生きる人たちの多くは、 「 …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。