曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

生き方

ひとり旅には人生に必要な要素がある

投稿日:

先日、ひとり旅してきました。

太平洋を一望するテラスで見る
サンセットがロマンティック過ぎて
圧巻のロケーションだった。

ひとり旅って人生にめちゃくちゃ
必要な要素が詰まっている。

それは「自分で決める」ってこと。

朝起きてからどこに行くか
何をするか、何を食べるか、
全部自分で決めないといけない。

でも、
友達と居たら決めてもらえる。
会社に居たら決めてもらえる。

自分で考えることをしない人は
雇ってもらって、他人に、
管理されるしかなくなっちゃう。

自分で自分のこと決められない人は
人のせいにもしちゃう。

「自分で決める」練習にひとり旅は
ピッタリだと思う。

それに予定がない旅行はスケジュールに
追われる毎日を過ごす人にとって、
とても刺激的だと思うんだよね。

0メートルの旅 日常を引き剥がす16の物語
という本、めっちゃ良かったです。

以下、本書から抜粋↓

「行き当たりばったり」の旅に出よう。

「偶然」の連続を楽しむ自由を
味わってみてほしい。

「想定外を受容できるかどうか」
だと思うんですよ。

面白いことが起きない人って、
すべてを思い通りにしようとする。

自分の思い通りにいかないことを
全部排除しようとするんです。

そういう姿勢だと、なかなか、
旅は面白くならない。

言葉も文化も何もわからない国で、
「自分は何もできない」という
無力感を知る。

ファーストインプレッションでは
ストレスであっても、一旦それを、
受け入れて、面白さに転換していく。

「想定外を受容する」のが旅を楽しむコツ

0メートルの旅 日常を引き剥がす16の物語

 

旅じゃなくても仕事や人間関係でも
想定外を受容できるかって、
すごく大事なことだと思う。

受容できる人は、
心が広い人。器が大きい人。

そういう人は満たされている人。
自分で自分のことを決めれる人。
ジリツ(自立/自律)している人。

そして、時間的に余裕がある人。

それは、スケジュールに空きがある人
ではなくて、そのスケジュールを、

他人に決められて、
やらなければいけないことで
スケジュールが埋まっている人か
自分で決めて、やりたいことで、
スケジュールが埋まっている人か。

スケジュールがパンパンっていう
状態は同じかもしれない。

でも、
他人に決められている人は
「忙しい」って言う。
自分で決めている人は
「充実している」って言う。

考えるってことは正直めんどくさい。

でも、そのめんどくさいことから逃げると
もっとめんどくさい人生が待っている。

愚痴や不満を言う人や人のせい、
会社のせいにする人は
自分の人生、他人に左右されている。

自分の人生、自分で決めていきたいね。

友達との予定も、遊ぶ場所も、
お店も全部、自分で決めてみよう。

そのために、「自分で決める」練習をしよう。

ーーー

ちなみに、僕は今年からずっと
定額制住み放題サービス「Hafh」を
利用しています。

「1泊」「5泊」「10泊」「1か月」
と自分にピッタリのを選べるので
使いやすいです。

Hafh」を利用すると
1泊3,000円で2~3万円ほどする
ホテルにも泊まれるので
超おススメです。

 

END

-生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高年齢者雇用安定法

高年齢者雇用安定法で直面する未来

高年齢者雇用安定法は定年の引き上げ、 廃止や再雇用により、希望者全員の 65歳までの雇用を企業に義務づけています。 これに加え、希望する人の70歳までの 就業機会の確保を企業の努力義務とする 改正法が …

その選択は現状維持でないか?

本来、人生の中に仕事があるはずなのに 仕事が人生そのものになって しまっている人がいます。 幸せになる手段として 仕事をしているはずなのに その仕事で不満が出るようなら 一度見直す必要がありそうです。 …

他人から学ぶべきたった1つのこと

コロナをきっかけに、生き方や、 働き方に疑問を持った人が 増えたんではないでしょうか。 「このままでいいのかな・・・?」って。 つまり、「人生や仕事に意味を感じたい」 って、より思うようになった人が …

ブランディング

自分のブランドを作るには?

何がしたいかを語る人より、 どう在りたいか語ってる人の方が、 俺は100倍カッコイイと思う。  だから、 「月〇〇万円稼ぐための・・・」 みたいなビジネスのやり方に、 マジで興味がない。 自分のブラン …

看護師が聞いた死ぬ瞬間の5つ後悔

『死ぬ瞬間の5つの後悔(新潮社)』 という本が、世界中で読まれています。 この本はオーストラリアの女性が 末期患者を介護・看護してきて聞いた 「後悔」について書かれています。 今回はその本の内容をもと …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。