曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

経済

日本郵政グループ、副業を容認

投稿日:

ソース画像を表示

2022年は原料高、原油高、円安の
「トリプルパンチ」の影響で
「記録的な値上げラッシュ」の
1年になりましたね。

一時1ドル150円台まで進んでいた
円安・ドル高が、現在は130円台前半まで
戻ってきていますが、来年も今年以上の
「値上げラッシュ」が見込まれています。

加工食品、調味料、酒類・飲料、お菓子、
小麦・砂糖類などなど、7,000品目を超える
値上げ、再値上げが予定されています。

給与だけでみると、下がっていない人も、
世の中の情勢など、総合的に見ると、
税率や物価上昇で生活はだんだんキツく
なっている人が多いでしょう。

また、山崎製パンは人気商品の
「薄皮つぶあんぱん」など薄皮シリーズの
内容量を5個から4個に減らすと発表。

販売開始以来、個数を減らすのは初めて。
来年1月出荷分から計7種が対象。

原材料高などが影響し、個数を減らす
「実質値上げ」に踏み切ったようです。

値下げはしなかったとしても
こうやって内容量を減らす
企業は増えるでしょうね。

たとえば、トイレットペーパーも
巻メーター数が短くなっている、とかね。

ちなみに、トイレットペーパーを
安いだけの理由で買う人は、
1人暮らしではないか、
何も考えていないか、
の可能性があります。

 

そんな中、日本郵政グループは
社員に社外副業を認める方針を発表しました。

勤務時間外に加えて、週1日分までの
勤務を自治体や企業での副業に
充てられるようにするとのことです。
(週1日分までってなんやねん)

持ち株会社と傘下の日本郵便、ゆうちょ銀行、
かんぽ生命保険の各本社勤務の約6000人を
対象とする。また、社外からの副業人材の
受け入れも始めるそうです。

金融は特に、終身雇用は厳しいですよね。

また、これから段階の世代がグッと
辞めていくので人が手薄になります。

そこで、新卒に力を入れるよりも、
プロジェクトごとに優秀な人材を
集めていくんだと思います。

もう副業なんて普通ですね。

副業というか、複業。
複数の本業を持っているという状態。

雇われの仕事で残酷なことは
どれだけ一生懸命がんばっても
給料は上がることはなく、
働き続けなければ
お金が入ってこないことです。

来年の税金と物価が上がることは
確定しています。

向こうからやってくる津波を
ただただ眺めて「ヤバイ・・・」
と言っている場合ではありません。

何か対策を、していきたいですね!

 

END



-経済

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

生活保護費

生活保護費、来年10月から引き上げ

厚生労働省は23日、生活保護費のうち 食費や光熱費などに充てる「生活扶助」の 新たな基準額を公表しました。 40代夫婦と子ども2人の世帯は、 見直し前に比べて 地方で11.1%増の15万7000円、 …

給料

男性の「普通の給与」の額と割合

国税庁の「令和2年分(2020年)民間給与実態統計調査」によると、日本人の平均給与は433万円(前年比0.8%減) 男女別でみると、 男性は532万円(同1.4%減) 女性は293万円(同1.0%減) …

地方銀行の崩壊で起こる未来予想

昨日(10日)青森銀行とみちのく銀行が 経営統合に向けた協議に入ることで 調整しているというニュースがありました。 両行は長年ライバル関係にあったわけですが 手を組んで、一緒にやっていくということは …

媒体別広告費

日本の媒体別広告費の推移

以下のグラフを見てください。 各メディアの広告費の推移です。 今まではテレビCMなどに大金を払って、 その商品や会社のイメージやブランドを つくってきました。 でも今は誰もがSNSで自分を発信できる時 …

令和4年の出来事

令和4年の主な出来事

  ・ロシアによるウクライナ侵攻 ・スリランカ破産 ・トンガで巨大噴火 ・東京都心で震度5強の地震 ・能登半島で震度6強の地震 ・福島で震度6強の地震、新幹線脱線 ・札幌で大雪 ・異常な猛暑 ・auの …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。