曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

働き方

仕事ができる人が必ずやっていること

投稿日:

ビジネスマン

いつも余裕がなく、慌てていたり、
価値を提供できていない人がいる一方で
余裕があり、落ち着いて丁寧に
仕事をこなす人がいます。

この違いは何なのでしょうか?

それは仕事に「+1 (プラスワン)」
していることだと思います。

この仕事はここで終わり!
というところで、もう「+1」
できるかどうかが大きな差になります。

「今日のお礼のメールをしておく」
「明日のアポイントの確認をしておく」
「資料をそろえてかばんに入れておく」
「訪問先を調べておく」
くらいのことはできます。

これが毎日、積み重なると
大きな結果になります。

その差を積み重ねられる人が“マメな人
と呼ばれ、仕事でモテる人になります。

言われる前に報連相するとか、
ドアを開けておくとか、
名前を呼んで挨拶するとか、
そういうのも「+1」です。

「1.01を365乗すると  37.8」
「1.02を365乗すると1377.4」

「0.01」の大したことない差が
「大した差になる」んですよね。

今日、あなたが少しだけ足せる
「0.01」はなんですか!?

END

-働き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新卒社員に知ってほしい大事な働き方

仕事ができる人の特徴やタイプ って、さまざまだけど、 仕事ができない人って案外、 共通している気がするんだよね ・一時対応が遅い (取り掛かるまでが遅い) ・納期を守ら(れ)ない (時間を守らない) …

ビジネスマン

マルチタスクをおすすめしない理由

最近、特に若者を中心に「マルチタスク」に 関心や憧れを持っているなと感じるんですが マルチタスクはおススメしません。 っていうか、マルチタスクはできません! そもそも、脳は一度に1つのことにしか 集中 …

働く現在地

自分のキャリアの現在地

この1年間はコロナによって、 当たり前のことに「疑問を持つ力」を 鍛えることが出来ました。 生き方、働き方、稼ぎ方など、、、 今回は「自分の働き方の立ち位置」を 考えるきっかけになれば幸いです。 目次 …

考えるOL

国際成人力調査の日本の結果

PIAAC(国際成人力調査)は 先進国の学習到達調査の大人版で、 16歳から65歳を対象として 仕事に必要な、 「読解力」 「数的思考力」 「ITを活用した問題解決能力」 を測定する国際調査で、 OE …

時給

給料は5つの方法で 「自ら上げる」しかない

今、日本の労働者の収入の中央値は 350万円ほどだと言われています。 それが今後、上がっていけばいいですが 日本は先進国で唯一30年間も給料が 上がっていません。 30年間上がらなかったのに、 来年か …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。