曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

働き方

聞かれる前に発信する

投稿日:

「例の件、どうなっている?
あれから報告ないから心配していたよ」

ビジネスで上司と部下のこういう
シーンよくありますよね。

そんな時に、
「あ、すみません。
あれ結局ダメになりました。」
っていう、答え方してないですか?

まず、そもそも「あれどうなっている?」
って、後追いされている時点で、
信用されていません。

あるあると言ってしまうことも
できますが、評価や印象に関わる
ってことを理解しなければいけません。

もしかしたら上司は「例の件」を
進めるために手助けする準備を
水面下で行っていたかもしれません。

話が具体的に動き始めたときに、
力になれそうな人物に協力を
打診していたかもしれません。

これを読んで「わかる~」ってならない
人はまだ部下を持ったことがない人
だと思います。

入社1~2年目の若手ビジネスマンは
まだ部下を持っている人の方が少ない
と思いますが、この内容は、
頭に入れておいて損はありません。

上司はここまで考えて仕事を遂行しています。

ただ、上司によっても色んなタイプがいます。

僕は新卒でに勤めていた上場企業で
2年2か月で上司が6人代わりました。

マメに報連相がほしい上司もいれば
必要事項だけでいい上司もいるし、
せっかちタイプもいれば
のんびりタイプもいます。

だから、入社1~2年目の若手ビジネスマンは
「上司をマネジメントする力」が必要です。

上司の文句を言うなら、
上司がどのタイミングで
何を求めているのかを把握した方が
自分の評価も上がります。

それができないのに、
クライアントを喜ばせるなんて
無理な話です。

報連相がない人は思いやりがない人です。

「聞かれる前に発信する」

意識してみてください。

 

↓ おススメ書籍 ↓

 

-働き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

挑戦した未来と挑戦しなかった未来

先日、「サントリーが45歳定年制度」 というニュースが話題になりました。 発信側と受信側で認識のズレがあったので 解釈や意見もさまざま、賛否ありましたが これまでも、早期退職者募集はあったので 言い方 …

働き方

時代に合わせた準備と働き方

東京商工リサーチによると 2020年度の倒産企業数は 7,163件だったそうです。 色々な補助金や助成金・給付金で 去年よりも件数は少ないですが 足元の事業環境は悪く、 各種制度融資によって延命しつつ …

レスポンス

週休3日制で働き方が変わる

最近は副業やスキルアップなどを通じて 若いうちから長く働ける環境を 準備することの重要性が若年層中心に 認識され始めています。 先日、みずほFGが週休3(4)日制を発表して 注目を集めましたが、週休3 …

考える人

大企業で働く人へ伝えたい働き方

僕が好きな言葉の1つに 【考えないで生きていくと、 生きたように考えるようになる】 って言葉があります。 要は、 考えないで生きてきた人は 何も考えれない人になっちゃう ってことです。 今日はこの言葉 …

【働き方改革】個人が変えるべきたった1つの思考

今回は僕自身が大手、ベンチャー、 独立を経験して思う働き方と 今後の考え方について書いています。   今までに書いたことある内容もありますが 重複するってことはそれだけ重要視している 内容だ …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。