曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

自己啓発

小さな勇気で人生が変わる

投稿日:

恋愛ってどれだけ自分磨きを
努力しても告白する勇気が
なければ実を結びませんよね?

「努力も大事だけど、それ以上に、
勇気が大事だよ~」っていう話を
今日はしたいと思います。

他人との比較から生まれるものは悩みだけ

自力で自立するマイスタイル起業
という本より、以下、抜粋です。

しばらく前の話ですが、SMAPの曲で、
「世界に一つだけの花」という曲が流行りました。

大ヒットした曲なので、
あなたもご存じだと思います。

その曲の歌詞に、
こんなフレーズが登場します。

そう 僕らは
世界に一つだけの花

一人一人違う種を持つ

その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

そう、まさに僕たちは、
一人一人違う種(個性)を持つ、
世界で一つだけの花。

誰もが、すべての「一人一人」が、
個性と強みを持っています。

先ほども登場した、
「世界に一つだけの花」の歌い出しは、
こんなフレーズから始まります。

花屋の店先に並んだ
いろんな花をみていた

ひとそれぞれ好みはあるけど
どれもみんなきれいだね

この中で誰が一番だなんて
争う事もしないで

バケツの中誇らしげに
しゃんと胸を張っている

それなのに僕ら人間は
どうしてこうも比べたがる?

一人一人違うのにその中で
一番になりたがる?

私が最も強く意識するのは、この部分。

この中で誰が一番だなんて
争う事もしないで
一人一人違うのに
その中で一番になりたがる

そう。一人一人が違いを発揮できれば、
本来争いなんてないんです 

他の花が薔薇の赤色を羨ましがっても
仕方ないですよね。

悩みは誰かと比べるから生まれます。

でも、上見ても、下見ても、
キリないですからね、、、

 

「未知の窓」の開放が能力を開花させる

ジョハリの窓」という言葉を
ご存じでしょうか?

心理学でよく用いられる対人関係における
気づきに関する考え方なのですが、
人には4つの側面があると言われています。

「公開された自己(開放の窓)」

「隠された自己(秘密の窓)」

「自分は気がついていないものの、
他人からは見られている自己(盲点の窓)」

「誰からもまだ知られていない
自己(未知の窓)」

結局、人間として大きく成長したり、
新しい自分に出会えるか否かは、
まだ開いていなかった窓が開くか
どうかだと思っています。

特に「未知の窓」ですね。

「未知の窓」は自分も他人も知らない
自分なので、今までと同じ過ごし方では、
決して開くことはないと思います。

やったことないこと
行ったことない場所
買ったことないもの
普段行かない高価なレストラン
帰り道を変えてみるetc…

そうすると
いつもと違った世界を発見でき、
いつもと違った人と出会い、
いつもと違った考えをし、
違う結果を呼び込むと思います。

それが「未知の窓」の開放に
繋がるんじゃないでしょうか。

 

一歩だけ前へ出る勇気

1秒で「気がきく人」がうまくいくという
本に書かれていたことが素敵だな
と思ったので、ご紹介します。

「一歩だけ前へ出る勇気」が大きな
結果に繋がるようになります。

大きな勇気を持つには、
大きな決意が必要です。
だから怖くなる。

大きな勇気を持つには、
大きな努力が必要です。
だから、あきらめたくなる。

けれど、私の一歩がそうだったように、
ほんの一歩だけ前へ出る勇気」なら、
誰もができるのではないでしょうか。

変化に必要なのは、
大きな勇気を振るうことではなく、
「一歩だけ前へ出る勇気」を
積み重ねることだと私は考えています。

 

確かに、大きな決意は怖いし、
大きな努力は精神的にキツそうですよね。

あと、ついでですが、同じ著者、
松澤萬紀さんが書いた
100%好かれる1%の習慣
という本も最高におススメです。
僕の大好きな本です。

この本に書いてることを実践すれば、
タイトルの通り、
100%好かれると思います。

でも、やってる人も1%なんだと思います。

 

リクルートの社訓にヒントがある

リクルート社訓は本当にいいなと思います。

〝自ら機会を創り出し、
機会によって自らを変えよ〟

僕は学生時代から、
やったことないことに、
どんどんチャレンジしました。

誰もやりたがらないことも
どんどん引き受けました。

キャプテンや生徒会長、寮長をはじめ
結局、就任できはしませんでしたが、
社会人1年目も大手人材会社で、
新支店を中国地方に展開する
ってなった時も手を挙げました。

ホントに自ら創った機会で、
自らを変えてきたんですよね。

みんな、勘違いしてることがあって、
何かやって、成し遂げたり、
目標達成したから人生が変わった
と思っています。

でも、そうじゃなくて、
「やろう!」と思って決めたから、
そのプロセスの中で出会った人や、
経験したことが自分の財産になっていきます。

「ああ、この人とは、
一生つるんでいくんやろうな~」
とか

「今まで何も挑戦してこなかった自分だけど
一歩踏み出して、自分が好きになれた」
とか

自分主体でやった時に、
「そうか、いつも裏で誰かが、
こんなに努力してたんだな」
って気づけたりとか、

「こんな悔しい気持ちは初めて!!」
とか

そういうのが自分の人生を
輝かせていくんです。

みなさんも自ら機会を創り出し、
機会によって自らを変えましょう。

小さな勇気で人生が変わる



-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

傷つけられた

「傷つけられた」は存在しない

何か言われて、胸が痛くなったり、 苛立ってしまうのは、多少なりとも 自分に心当たりがあるからです。 言われて傷つくのは 自分自身がそう思っているから。 たとえば、誰かに、 「もっと努力しろ」って言われ …

さくら祭り

見方は自分で選択できる

桜に「キレイと思ってくれ!」 って言われたことある? 絶対ないよね。 判断したのは自分。 嫌なことがあっても同じ。 景色に対してはできるのに、 人や事柄にできない人が多い。 「だって、、、」って、 他 …

人生の糧になる負ける経験

最近は親御さんや大人の手厚いサポートで 「負ける経験」をする時期がだんだん 後ろ倒しになっているように感じています。 細かい話でいくと、ケガが危ないからって 公園の遊具が撤廃されていっているのも よく …

読書のスキルで人生が変わる

ソクラテスはこう言いました。 「書物を読むということは、 他人が辛苦してなしとげたことを、 容易に自分に取り入れて 自己改善をする最良の方法である」 無知は悪いと思いません。 でも、無知の自覚がないこ …

変化の波を起こす「スイッチ」の正体

変化の波を起こす「スイッチ」の正体

このTEDの13分の映像、 ぜひ視聴してみてください。 一言でまとめると、 〝成功する人の周りには 必ずお節介な人がいた〟 ってことです。 「お節介な人」っていうのは 相手のことを本人以上に 信じてい …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。