曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

心理

やる気が出ないときの解決方法

投稿日:

何かを始めようとするとき、
「やらなきゃいけない!」と思っても
やる気が出なくてなかなか
行動に移せないことってありますよね。

〆切が迫っているのに
全く手を付けていなかったり
溜まったメールやLINEの返信も
する気にならなかったり、、、

あと、なにか新しいことをしたり、
少し難易度の高いことをしようとすると
不安で腰が重たくなることもあると思います

そんなときに役立つのが「5秒ルール」です。

「5秒ルール」とは、アメリカテレビ番組の
有名司会者で知られるメル・ロビンズ氏が
考案した手法です。

彼女は、TEDで行ったプレゼンが
大きな話題になったことで知られ、
著書「5秒ルール」は全米100万部の
ベストセラーになっています。

その方法は極めてシンプルで
何か行動しようと思ったときに、
すぐさま「5、4、3、2、1」と、
(できれば口に出して)カウントダウンして、
「0」になるまでに行動を起こす、というだけ。

すると、どんどんやる気が
みなぎってくるといいます。

人は「行動するから、脳がやる気になる」
ってことは、脳科学の世界でも
明らかになっているそうです。

自らの口でカウントダウンすることで
それがトリガーとなり、
やる気の脳内物質である
ドーパミンが脳の行動中枢を刺激して、
行動喚起のモチベーションに転換されるようです。

やる気が起きないなというときでも、
「5秒ルール」で強制的に
行動を起こしてしまいましょう。

そうすれば、自分の意思とは関係なく、
やる気があふれてきます。

よく考えれば、
会社や学校だって、やる気があるから
行ってるわけじゃないですよね(笑)

眠たいし、やる気にならなくても、
行けば、徐々にやる気が出てきた、、、
こんな経験は誰もが経験あると思います。

「行動するから、脳がやる気になる」
っていうのはわかりやすく、
身近な例の1つではないでしょうか。

やる気が出ないときは
やる気がなくていいからまず行動!

「5秒ルール」やっちゃいましょう!

-心理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

怒りの裏にはチャンスがある

怒りの裏にはチャンスがある

ドイツの文豪ゲーテはこう言いました。 人間最大の罪は不機嫌である 不機嫌は伝染しますもんね。 自分の機嫌は自分で取れる人が大人。 最近イラっとしたことがある人! その怒りの感情の裏に 「自分が大切にし …

人の目が気になる

生き疲れた人に欠如していること

日々が辛いと思っている人には 目的や目標がありません。 生きていたら、辛いことや悲しいことは 誰だってあると思いますが、 生きること自体が辛い、 と思っている人もいます。 たとえば、登山家であったとし …

うつ病

自分のキャパが増えるとき

最近の若い人は頭の回転が速く、 すべてを先読みして無駄だと 思うことには手を出しません。 あるいは、ハードルを下げて、 小さな目標をクリアして、 満足しているように思います。  高いハードル(目標)に …

動物占い

【動物占い】特徴一覧まとめ

12動物の基本的な特徴を 以下にまとめました。 ご覧ください。 目次1 【ライオン】2 【たぬき】3 【黒ヒョウ】4 【虎】5 【チータ】6 【猿】7 【ひつじ】8 【こじか】9 【ペガサス】10 【 …

自分の才能が何かわからない人がやってしまう探し方

「自分の才能がなにかわからない」 という悩みは意外にも多く感じます。 で、自分に才能がないと思っている人 って、落ち込んでいるように 見えませんか? アレって、落ち込んでいるのもあるけど 疲れているん …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。