曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

生き方 経済 働き方

高年齢者雇用安定法で直面する未来

投稿日:

高年齢者雇用安定法は定年の引き上げ、
廃止や再雇用により、希望者全員の
65歳までの雇用を企業に義務づけています。

これに加え、希望する人の70歳までの
就業機会の確保を企業の努力義務とする
改正法が2020年の通常国会で成立。

21年4月1日に施行されました。

独立行政法人労働政策研究・研修機構の
高年齢者の雇用に関する調査2020年
によると、約8割の企業で
定年前後の仕事内容はほとんど変わらない
という結果が出ています。

にもかかわらず、給与は大幅に減ります。

この現実に直面すると、
「賃金が下がることはわかっていたけれど、
同じ仕事をしているのに低すぎる」

「権限が全くなくなった」

「スキルを活かしたいのに、
誰からも期待されない」……

こんな不満が続出します。

こうなると、
やる気が一気に失せていきます。

みんなが一生懸命仕事をしていても、
仕事に身を入れずに過ごすことになり、
元部長、元課長の「働かないおじさん」が
できあがるわけです。

22歳から65歳までの43年間は働いています。

会社に拘束されている時間が1日8時間で、
年間250日働いたとしましょう。

8時間×250日×43年=8万6000時間

定年後は自由に使える時間が
1日14時間だとして、それが365日あります。

男性の65歳からの平均余命は約20年です。
14時間×365日×20年=10万2200時間

43年間会社で過ごした時間以上の時間が、
定年後に待っているってことです。

暇を持て余すというより、なにもしないで、
過ごすことが耐えがたくなるでしょう。

10年単位で考えれば、短絡的に儲かるような
話が多くなってくると思います。

なぜなら日本全体の経済が縮小し、
お金不足の人が増えて行くため、安易に、
そういうものに乗る人が増えるからです。

そういう時代は見極める目が必要になります。

見極める目は一朝一夕で
得られるものではありません。

 

コロナ禍で勉強しまくった人は
どれくらいいるでしょうか。

5年後、10年後になって明らかになるのは
絶対に「勉強格差」だと思います。

ぜひ、今、儲かる話に乗るのではなく、
3-5年後以降を見据えて『見極める目』を
身に付けていきましょう。

 

情報は必ず人から伝わります。

「It’s not what you know,
but who you know

(何を知っているかより、
誰を知っているか)」

という言葉がありますが、これはまさに真実。

質のいい情報を手に入れたければ
レベルが高い層とのお付き合いが
必須になってくると思っています。

終身雇用を望むタイプの人はあまり
必要性を感じないかもしれませんが、
「人生100年時代」を会社に頼らず
生きていく
「個の時代」にはまさに
この「つながる力」が

モノを言うと思います。

END

 

-生き方, 経済, 働き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

現代のキャリアの歩み方

新型コロナウイルスの影響よって 働き方に疑問を持つ人が増えました。 緊急事態宣言は再延長され、今も、 先が不透明な日々が続いております。 今回の記事が、今後、仕事をしてく中で 少しでもヒントや参考にな …

共通点

生き残る企業から見える2つの共通点

今、普通に世の中にあるモノが 生まれた年を見てみてください。 30年前=1991年 World Wide Web 26年前=1995年 Amazon 24年前=1997年 Google 17年前=20 …

働き方改革の本来の目的

働き方改革の本来の目的は、 ●生産性UP ●働くって楽しい!っていう心の状態 の2つであるべきだと思っています。 で、生産性UPってことは 能力UPってことですよね。 能力がUPすれば、業務スピードは …

自分の子供に買ってほしいか

今日も「夢を叶えるゾウ」の ガネーシャの言葉をシェアします! 自分の仕事がほんまに人を 喜ばせるためのものかどうかは、 『そのサービスを自分の 子どもに買ってほしいか』 が 一つの基準になるかもしれへ …

未来の自分へ贈る言葉

キングコング西野亮廣さんの著書 「新世界」の“おわりに”に素敵な 言葉があるのでご紹介します。 少しだけでもいいから、挑戦して 少しだけでもいいから、失敗から学んで 少しだけでもいいから、傷を負って …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。