曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

映画

【映画感想】「Always 三丁目の夕日」

投稿日:

Always 三丁目の夕日」
「続 Always三丁目の夕日」
Always 三丁目の夕日’64 
この3部作、良かったです。

 

幸せって何なのかな?
って考えさせられます。 

 

「今は貧しくても、今日よりも明日、
明日より明後日はもっと良くなる
という実感があれば、人は未来に対して
夢や希望を持つことが出来る」


高度経済成長期の日本を舞台に
家族の絆やお互いが助け合って
たくましく生きる姿を描く映画
Always 三丁目の夕日」を観て
そう感じました。

 

家族の絆、地域のふれあい。


人情が人を美しくした時代
皆が頑張って生きていた時代
明日に希望を持ち生きた時代

 

そんな時代があったんですね♬

 

高度経済成長時代を迎えようとしていた
時代を懸命に生きた人々の物語

 

人と人が支え合って生きている
素敵だな~と思いました。

 

しかし、今、コロナ関連もあって
多くの人が夢や希望を抱くことが
出来ずに閉塞感が漂ってしまっています。

 

急激な経済環境の変化、
社会保障などの老後の生活への不安、
リストラなどによる雇用不安・・・・

 

自分の人生とは何か、
何のために働いているのかと悩みながら
でも働き方や生き方を変えることが
出来ずにいる人も少なくないでしょう。 


金銭的、物質的な豊かさを求めて、
猛進してきた日々の中に
忘れていたことがあると思うんです。 

 

そのひとつが心の問題です。

 

確かに今の世の中、
状況は良くないのかもしれませんが
そんな状況の中でも、どんな心の状態で
日々過ごすのかって大事だと思うんですよね

 

苦しい状況の中でもみんなが
前を向いているか(状態)ってこと。

  

厚生労働省の調査によると、
日本の障がい患者数は21世紀に入って
大幅な増加傾向にあります。

 

モノが豊かになり、
生活も豊かになっているのに
日本の障がい者の患者数が増えているΣ

 

僕らは今、人としての生き方やあり方、
人とのかかわり方を、立ち止まって、
見つめ直す時にきていると思います。

 

必要以上の便利さや
効率性を求めるんじゃなくて
今ある幸せに目を向けていきたいですね!


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アバウトタイム

【映画感想】アバウト・タイム~愛おしい時間について~

「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」という映画を観ました。 ネタバレしない程度に感想を書きます。 あらすじ イギリス南西部コーンウォールに住む 青年ティムは、両親と妹、 そして、伯父の5人家族 …

【映画感想】幸せのちから

映画「幸せのちから」を観ました。 事業の失敗によりホームレスになるまで 落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ 男性の半生を描いた作品です。 家賃の滞納や税金の未納をするくらい 苦しい生活に耐えれなくな …

リメンバー三―

映画「リメンバー・ミー」を観た

ディズニー映画 「リメンバー・ミー」を観ました。 一言で言うと、 「家族の大切さが伝わる感動の映画」 です。 メキシコの伝統的な祭礼行事 “死者の日”の物語で、時を超えた 何世 …

オデッセイ

【映画の感想】オデッセイから学んだ諦めない心

『オデッセイ』は2015年に公開された アメリカのSF映画なんですけど、 結論、 ・「知らない」って怖い ・「諦めない」ってこういうことか! って思いました。 目次1 『オデッセイ』あらすじ2 若い人 …

そして父になる

【映画感想】そして父になる

「そして父になる」という映画を観ました。 子どもの取り違えという出来事に遭遇した 2組の家族を通して家族の愛や絆について 描かれた映画です。 家族というのは 血が繋がっていることなのか 愛した時間のこ …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。