曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

心理

感情の処理が苦手で爆発してしまう人へ

投稿日:

苛立ち

以下に、当てはまる人は是非、
最後まで、熟読してください。

・勝手に期待して勝手に落ち込むことがある
・怒りが満タンになって爆発したことがある
・思っていることが言えない

人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本
の中に書かれている内容が的確です!

人は心の中に「スタンプカード」を
持っています。

「自分の想いや言えなかった
言葉を飲み込んだ回数」
を数えているのです。

たとえば、誰かに対して
言いたいことがあったとします。

でも「傷つけるかも」「笑われるかも」
「怒らせるかも」「ケンカしたくない」
などの理由で飲み込みます。

言うよりも、言わない方が、
自分は傷つきません。

すると、そこから、
スタンプカードが始まります。

言いたい言葉を一つ飲み込んだことで、
1つスタンプを押したのです。

スタンプカードを貰ったらなんとなく
ためたくなりますよね。

だから1つ目のスタンプを押した瞬間から
スタンプをためようとして、相手を
「観察・監視」し始めるのです。

「またやるんじゃないか」と
見張り始めるのです。

そして、相手がまた似たことをしたら
すかさず、「ほら、またやったわ」
とスタンプを押します。

これを「偏見」と言います。

スタンプを押し始めた段階で、
相手のことを「偏見」で見始めます。

その時点から「事実が歪み始める」のです。

もう、その人の何を見ても
悪いように見え始める・・・

そして、スタンプを押すたびに
「ほら、ほら」と言いながら
「悪いところ探し」をします。

スタンプカードが満タンになると
「キレる」「爆発する」のです。

一旦キレるとなかなか収まりません。

でも、キレられた方にはそれはわかりません。

それはキレた人はキレるまで
その理由を言いたくないので言わないのです。

考えてみると最初のスタンプを押した理由は
「傷つけるかも」「笑われるかも」
「怒らせるかも」「ケンカしたくない」
という言わない側の「自分の都合」
だったはずなんです。

しかし、それは認めたくはないし、
かっこ悪くて言いたくもないので
いつの間にか「あなたの為に我慢した」
と中身をすり替えてしまうのです。

つまり、スタンプを押し続けることで
いつの間にか自分を「被害者」に、
相手を「加害者」に仕立て上げたのです。

スタンプを押し始めたのは
あなたが「言わなかった」からなのに。

これ以上、スタンプをためないために
大切なことは思ったことを
思い切って伝えてみることです。

人間関係が「しんどい!」と思ったら読む本

 

こうなった相手って本当に何を言っても
無駄だからどうしようもないんですよね。

誤解があれば解きたいし、
「偏見だよ」って教えてあげたいし
落ち着いて話したいんだけど
まず話も聞いてくれない。

感情話すのではなく、
感情話すことが大事なんだよね。

「自分はどうしてほしかったのか」を
ただ、伝えるだけ。

「認めてほしかった」
「大切にしてほしかった」
「優しくしてほしかった」

そして、大切なのはそれを伝えたあとの
相手の行動に期待しないことです。

勝手に期待して、勝手に失望して
勝手にキレてる人が多いです。

かまってほしい人が
かまってくれると期待して
かまってくれなくて
キレても仕方ないですよね。

本当はどうして欲しかったのか、
素直に自分の心に耳を傾ける

本来そこには愛くるしいわがままや
愛しかないんですから。

そして、勝手に始めてしまった
〝悪いところ探し〟をやめましょうね!

それで得する人は誰もいませんから。

END

 

-心理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アンガーマネジメント

アンガーマネジメントの基本は「〇〇」

みなさんは「アンガーマネジメント」 という言葉をご存知でしょうか? 1970年代にアメリカで生まれた とされている怒りの感情と上手に 付き合うための心理教育、 心理トレーニングです。 日本アンガーマネ …

自問自答

自分の感情に気付くコツは〇〇すること

最近わかったことがあります。 特に自己肯定感が低い人に多いんだけど・・・ 言語化できない人ってそもそも、 自分の感情に気付いていない!! そりゃわからないことは 話せませんよね。。。 気付くって普段、 …

短所は最大の武器になる

自信は能力や才能から生まれるもの と思っている人も多いですが、 実はあまり関係ありません。 能力があれば有利であることは 間違いないけど、どれだけ、 才能に恵まれている人でも 自信ない人はたくさんいま …

ストレス

ストレスは〇〇で吹き飛ばす

精神科医としてたくさんのストレスを 抱えている患者さんと付き合ってきた 長年の経験から、効果抜群の方法がある と斎藤茂太氏は言います。 それは、 ストレスはストレスで飛ばすこと。 「STRESS」とは …

【深刻】コロナウイルスより怖いこと

米ジョンズ・ホプキンス大学の統計によると、 世界の新型コロナウイルスの感染者数が、 11月15日時点で5366万1954人 となったことがわかりました。 また、1日の新規感染者数は50万人を 超えるな …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。