曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

投資

生命保険は本当にそんな必要か?

投稿日:

生命保険

日本人は世界一保険が好きな国民
と言われています。

こんなに生命保険に入っているのは
日本人くらいってよく聞きますよね。

保険はとても大事なものではありますが、
その目的は自分の蓄えでは到底まかなえない
大きな出費が起きた場合の
リスクに備えるものですよね。

逆に言えば、自分の蓄えでまかなえるなら
保険に入る必要はないってことです。

実際、僕の知り合いの経済的に
余裕ある方が保険マンに、
何の保険に入ればいいか相談すると
「入らなくていいです」と言われたそうです。

でも、実際はあまり必要のない保険に
毎月数万円も払っている
という人もいると思います。

火災保険や自動車保険は必要かなと
思ったりしますが、生命保険や医療保険を
必要以上に加入するのはどうかと思います。

サラリーマンの人であれば、
全員が厚生年金に入っています。

なので、もし亡くなっても子どもが
18歳になるまでは約年間150万円の
遺族年金が支給されます。

そして、もしそうなってしまったら
さすがに専業主婦だった人も
働くと思うので、遺族年金が上乗せされます。

今のは、1つの例ですが、
こういったことからも必要以上に、
保険に入らなくていい理由がある
ということがわかったと思います。

 

公益財団法人生命保険文化センターの
令和3年度(2021年)速報版の
生命保険に関する全国実態調査」という
調査によると年間に払い込む保険料の
平均金額は37万1000円だそうです。

つまり月額で3万円あまりを払い込んでいます。

でも、最近だと、ネット生保だったら
30歳から10年間、保険金額が1000万円の
生命保険に入れば保険料は月額1000円
ちょっとで済むようなところもあります。

漠然と不安を感じるのではなく、
本当に必要な期間と金額を考えて
保険に加入すれば支出は減らせる
ってことですよね。

保険に限らずですが、
やっぱり固定経費は見直すべきです。

毎月1万円の収入を増やすよりも
毎月1万円の支出を減らすほうが
簡単ですし、すぐに取り組めますから。

「億り人」は生命保険や医療保険に
あまり入らないようです。

就労不能保険とか、本当にいらないです。

どこの保険会社だったとしても
ガン保険に入って儲かるのは
結局、アフラックですし、
加入するならもっともっと
保険の仕組みも勉強して入るべきですね。

ーー併せて読みたい記事ーー

保険と税金で損をしている人たち

知っておきたい「年金」と「保険」の話

END


-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

営業思考

【読書感想】超★営業思考

先日「最近読んだおススメの本一覧」でも 紹介した「超★営業思考」という本に 書いてあった例え話がうまいな~! さすが日本一の保険マンやな~! と思ったので、ご紹介します。   ↓本書より抜粋 …

お金持ち

お金持ちになる4つの方法

コロナ禍になって、仕事・働き方について 向き合う人が増えましたよね。 それは、「お金」と向き合う人が増えた とも言い換えられると思います。 資本主義の日本で、合法的に、 大金持ちになろうとしたら、 方 …

最近のお金に関するトピックス

来年から法律が変わったり、色々と、 変化があるので、最近のお金に関する トピックスをまとめました。 目次1 お金を「守る」方法を勉強しよう2 年金はいくら貰える?3 75歳以上の医療費が来年から上がる …

【お金の教養】マネーリテラシーを上げよう

今回は、「お金」に纏わる内容です。 税金、保険、支援制度について書きました。 この辺りは本当、学校でも教えてもらえないし 社会人になっても自分から勉強しようとしない 限り、なかなか機会がないと思うんで …

知っておきたい「年金」と「保険」の話

今、保険会社があれだけCMをするのは 「社会保障は自分で準備する時代ですよ」 というメッセージだと思います。 そうやって、不安を煽った広告や 宣伝が増えているので、そんな時こそ、 冷静に自分で判断でき …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。