曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

自己啓発

「できる・できない」で考えない

投稿日:

自分の過去の経験や常識で
考えていては「できる」と
思えないことはよくありますよね。

だから「できる」「できない」で
考えちゃいけません。

今、あらゆるサービスや人までもが、
コモディティ化してしまっていて、
世の中にないものを作らないといけない
時代になってきています。

不可能を変えるものを職業に選んだ人の
鉄則は絶対に「できる」「できない」で
考えちゃいけないってことです。

たとえば、
携帯電話が世の中にない時代に、
作ろうと考えた人たちに
「そんなものができると思うか?」
って聞いたら、声を大にして、
全員が同じ意見だったそうです。

「そんなものはできないと思う」って。

でも、
そんなものがあったら
みんな喜ぶと思うか?

そんなものがあったら
みんな嬉しいと思うか?

そんなものがあったら
みんな欲しいと思うか?

それは、そう思う!って。

なぜ、線のない電話で声が繋がるのか
なぜ、鉄の塊が空を飛ぶのか

すべて、「できる」「できない」で
考えていなかったからだと思うんです。

持つべき判断基準は、自分が、
「やりたいか」「やりたくないか」
「得たいか」「得たくないか」
「なりたいか」「なりたくないか」

 

今日は甲子園(高校野球)の決勝ですね。

ぶっちゃけ、公立高校の大多数は、
甲子園に行けると思っていないと思います。

でも「行きたいか」「行きたくないか」で
考えたら、高校球児なら誰もが甲子園に
行ってみたいんです。

これも「できる」「できない」で
考えていないんです。

大人になると忘れてしまいがちですが
心がピュアな子供ほど、
「できるかどうか」より
「やりたいかどうか」の一択。

だから、
子供で自信がない人はいない。
そもそも自信とか考えない。
「やってみたいか」なんですよね。

 

メジャーリーガーの大谷翔平選手も、
プロに入る時に外野から色々なことを
言われていました。

「両方やりたいので二刀流でいきます」
と、記者会見で言いましたが
その時に、すごくバッシングがありました。

「プロ野球を舐めるな、
そんなに甘い世界じゃない。
ピッチャーかバッター、どっちかだけでも
結果を残すのが厳しい世界なのに、
両方なんてふざけてる」

とまで言われ、散々叩かれました。

でも、大谷翔平選手も、
「できる」「できない」で
考えていないんです。

彼にとっては
「やってみたかった」んですよね。

外野の声に負けないこと、
ドリームキラーに負けないこと、
が、最も大事です。

今日から「できる・できない」を捨て
「やってみたいか」を
自問自答していきたいですね。

 

こちらも併せて読んでみてください。
既成概念を壊してくれる大谷翔平 

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

努力

現状にもがくあなたへ

もし自分が神様なら? という自問自答を大事にしよう。 怠けている人と頑張ってる人 どっち応援する? 自分さえ良ければいい人と 誰かを喜ばせたい人 どっちを助けたい? 浮気する人と浮気しない人 どっちに …

阿部一二三

金メダルは困難を乗り越えてきたから

連日、東京オリンピックのニュースで 盛り上がっていますね。 大変な苦労の末に金メダルを獲得した 選手は、少なくありません。 今日は、金メダリストたちの 勇気がもらえるお話を紹介します。 たとえば、史上 …

幹事には目に見えないメリットがある

飲み会や集まりごとを企画する時、 みんながその場にいれば、 今すぐその場で話し合って概略を 決めることができますよね。 でも、そうじゃなかったら、 誰かが一人ひとりに連絡して、 皆の都合や意向を聞くと …

小さな勇気で人生が変わる

恋愛ってどれだけ自分磨きを 努力しても告白する勇気が なければ実を結びませんよね? 「努力も大事だけど、それ以上に、 勇気が大事だよ~」っていう話を 今日はしたいと思います。 目次1 他人との比較から …

謙虚

自分に自信がないと謙虚になれない

人は自分に本当の自信が無いと、 謙虚になれないんだと思います。  「ん?逆じゃない?」 と思う人もきっといると思います。  「人は自分に自信が無いから、 謙虚になるんじゃない?」って。 「人は自分に自 …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。