曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

読書

考えることから逃げるな!

投稿日:

ひろゆきさんの「無敵の独学術
という本が良かったので、
一部、紹介します。

社会で生きていくために必要なのは、
なんらかの目的に対し
「今自分には何が必要で、
そのためには何をすればいいのか?」を
自力で思考して行動できる力です。

言い換えれば、
問題にぶち当たったときに
それを解決できる能力です。

「これができないんだけど、
なんでできないんだろう?」という
疑問をもち、その原因を追求する。

「わからない勉強のやり方を人に聞く」
というのは、優秀な人や知識のある人から
「思考のプロセス」を学ぶことでもあるのですね。

残酷な現実を言うと、
思考のプロセスをもっていない人は、
社会に出ても「人に使われる仕事」
にしか就くことができません。

そういった仕事は給料が安いうえに、
理不尽にコキ使われたりします。

英語で言うところの「ブルシット・ジョブ(=クソどうでもいい仕事)」をやりたくなければ、自分のアタマで思考する能力は必須なのです。

そして、その思考のプロセス、
つまりアタマの使い方こそ、
学校で学んでおくべきことなのです。

無敵の独学術より

 

ファーストキャリアが
低賃金、長時間労働って
意外といいと思うんですよね。
 
だって、早いうちから
将来について考える
きっかけになるから。
 
中途半端に大手で
定時ピタ、給料普通っていう
会社のほうがヤバイです。
 
不満がない分、何も考えないから
数年後は何も考えれない人に
なってしまっている可能性が
高いからです。
 

自分で考えるって、難しくないけど、
やったことない人が多いんですよね。

先生に時間割を決められてきて、
監督に練習メニューも決められてきて
会社に勤務地や仕事内容、働く時間も
決められています。

だから「自分で考える」っていう経験を
今までやったことない人が多いです。

個性だって、今までずーっと同じように
行動させられてきて、社会に出ると、
いきなり「個性を出していこう!」なんて
ほとんどの人がむずかしいです。

でも、だからこそ、その「考える」に
挑戦していくべきなんですよね。

だって、考えるってめんどくさいから
ほとんどの人が自分で考えない。

でも、自分で考えることを放棄した人は
人に管理されて、雇われるしかありません。

会社で、役職についている人も、
自分で事業をやっている人も、
そうなったから考えられるわけではありません。

常に、「自分だったらどうするかな?」
という思考を持ち続けていたから、
役職につけたり、自分で事業を行えるんです。

考えることから逃げるってことは
死ぬまで雇われて他人に決められる
ってことですからね。

考える力も筋トレです。

僕も独立した時は全く考えれなかったし
わからないことだらけでした。

でも、コツコツやっていけば
考える力がついてきます。

自分だったらどうするか?
尊敬する●●さんならどうするか?

そんな視点を持っていたいですね!

END

 

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

読書

最近読んだおススメの本10選

         

ソフトスキル

「ソフトスキル」を磨こう!

「ニコニコ動画」や「2ちゃんねる」を 開設したことで有名なひろゆき氏の著書 「自分は自分、バカはバカ」に こんなことが書かれています。 これからの時代に生き残るのは 資格みたいな「目に見えるスキル」を …

センスは知識からはじまる

センスは知識から始まる

グッドデザインカンパニー代表の 水野学さんの著書に 『センスは知識からはじまる』 というものがあります。 深く納得します。 だから僕は「本との出会い」 「人との出会い」を大事にしています。 センスとか …

最近読んでよかった本一覧

          読むのが苦手な人は聞く読書を! ⇒「Amazonオーディブル」

インプット

「聞く読書」というインプット法

みなさん、勉強やインプットは 何でしていますか? ニュースアプリ、SNS、 読書、セミナーなどですかね? アマゾンが提供するオーディオブックサービス Audible(オーディブル)が やっぱりけっこう …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。