曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

自己啓発

人間がかかる四つの病

投稿日:

書店では手に入らない人間学を学ぶ
唯一の月刊誌「致知」より
高原慶一郎氏(ユニ・チャーム創業者)の
「人間がかかる四つの病」というお話です。

社内の信頼感を高めるには、
とにかく一人ひとりの社員と
報告、連絡、相談、
つまり「報・連・相」で
コミュニケーションを取り続けることです。

基本中の基本ですが、こういったことを
愚直に実行していくことが
一番じゃないかと思いますね。

結局どんな大きな企業も
もともとは中小企業、
もっと言えばスタートは一人なんですよ。

人もいない、物もない、カネもない
という状況から始まります。

そこから大きくなる企業もあれば、
中小零細のまま終わる企業もある。

その違いは何かと私なりに考えてみると、
やはり経営者の器、資質に拠るところが
大きいと思います。

よく言いますでしょう、
企業はトップ以上に大きくならないと。

やはり自分を中心にした
小成に甘んじる経営者は伸びない、
ということは言えると思います。

いくら組織を整えても、
やはり経営者自身が高い志を
持ち続けていないと難しい。

これは私の人生観にも繋がるものですが、
トップが「一生勉強、一生危機感、
 一生青春、一生情熱」という
四つのスタンスを身につけているか。

そういう生き方を貫いて、
示していくことが大切です。

ただ人間は放っておくと
心が病気になるんです。

症状には四つあって、

一つ目は「自惚れ」

二つ目に「驕り」

三つ目に「マンネリ」

そしてベースにあるのは「甘え」
ではないかと思います。

失敗している経営者は
必ずこの心の生活習慣病に
かかっていますから絶えず
自制していかなければ
ならないということです。

『致知』2005年8月号より

 

自信を持つことはいいことだけど
それが過信になってはいけないよね。

そして、何かがうまくいってない時は
「感謝の心を忘れているよ~」
って神様から言われている気がします。

いつも「お蔭様で」という
心を大切にする人でありたいですね!

END

 

-自己啓発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

格差

これから「勉強格差」が出てくる

「○○をやってきた」ってことは 「○○をやってこなかった」でもある。 僕の場合は 「野球をやってきた」けど、 「勉強はしてこなかった」です。 本来、学生時代に勉強をサボってきた人は 社会人になってから …

注意

「頑張っている」と思うときは要注意  

スポーツでも仕事でも 頑張っている人って ディズニーの写真や デートしてる人などを見ると 「いいよな〜」って思う。 でも、毎日が充実している人や 楽しんでいる人、 何かに本気の人は気にならない。 「頑 …

既成概念を壊してくれる大谷翔平

最近の大谷翔平選手の活躍はスゴイですね。 毎日メディアで取り上げられていますし、 友達と彼について話さない日はないほどです。 彼が二刀流(ピッチャーとバッター)を したことで世の中が変わりました。 野 …

面倒くさいことから逃げていませんか?

生きていると毎日毎日、 ・仕事 ・洗濯 ・食事して洗い物 ・スキンケア 面倒臭いことばかりですよね。 「やらないといけないこと」ばかりです。 でも、わかってしまったことがあります。 それは、面倒臭い事 …

人の役に立つ上で必要なこと

この変化が早く、激しい時代の中で 周りの人を喜ばせてたくさんの 人の役に立とうと思ったら 「知識」や「技術」が必要です! 優しさや想いだけで成り立つ お医者さんなんていませんよね。 だから勉強しなくち …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。