曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

映画

映画「ワンダー君は太陽」マジで観て!

投稿日:

映画「ワンダー 君は太陽」を観ました。



なんて素敵な映画なん!!

っていうのが、感想です。

 

映画のあらすじ

オギー

主人公オギーは10歳の少年です。

遺伝子の疾患で顔が奇形として
生まれ、27回手術を受けました。

外に出る時は、宇宙飛行士の
ヘルメットをかぶって顔を隠しています。

両親は人と異なる顔を持つ
オギーを心配して、ずっと、
自宅学習をさせていました。

しかし、5年生になる年、
両親はオギーを学校に
入学させることにします。

オギーは、他の生徒に変な目で
じろじろ見られたり、
ドッチボールを投げつけられたり、
菌がうつると避けられたりしました。

唯一楽しかったのは、
得意な理科の時間だけでした。

帰宅して学校がどうだったかを
聞かれて、オギーは楽しくなかった
と家族の前で泣きます。

オギーのことを心配し、懸命に、
なぐさめる母親と父親のおかげで、
オギーは元気を取り戻します。

得意な理科の授業で目覚ましい才能を
発揮したオギーはある日、ジャックに、
理科の小テストの答えをこっそり
教えてあげたことをきっかけに、
友達と仲良くなっていく。

オギーはもう一人じゃない。
頭がよくて面白くて、
前向きで優しいオギーの魅力に
気付く生徒たちが現れ始める。

参考出典元

 

グッときたセリフ4選

母親

①『心は人の未来を示す地図
  顔は人の過去を示す地図』

②「正しいこと、親切なこと。
  選ぶなら親切なことを」

③「どんな話にも2面がある。
   ケンカのきっかけは察しがつく。
   人を殴るのはよくないが、
   親友は守るべきものだ」

④「人をいたわれ。みんなも闘ってる。
  相手を知りたかったら、
  やることは1つ。よく見ること」

 

映画の感想

修了式

「どんな逆境でもめげない強さ」
に心が打たれました。

でも、その背景には親の愛があるんです。
やっぱ親の存在は大きいなと思いました。

魅力っていうのは、
「上手くいっている時」より
「上手くいっていない時」に
磨かれるんだと思います。

どれだけ葛藤し、乗り越えたかが、
その人の器になると思っています。

だから、僕も、
不貞腐れない。めげない。
諦めない。投げ出さない。

修了式の日、一生忘れられない
出来事があるラストは、きっと、
みなさんも涙すると思いますよ!

「オギー、ほんまに太陽やん」って。

END


-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フォレスト・ガンプ

【映画感想】フォレスト・ガンプ  一期一会

映画『フォレスト・ガンプ  一期一会』を観ました。   1994年アメリカの映画です。 知能指数は劣るも真っ直ぐな心と 脚力を生かして時代を駆け抜けた 主人公フォレスト・ガンプの物語。 やっ …

そして父になる

【映画感想】そして父になる

「そして父になる」という映画を観ました。 子どもの取り違えという出来事に遭遇した 2組の家族を通して家族の愛や絆について 描かれた映画です。 家族というのは 血が繋がっていることなのか 愛した時間のこ …

オデッセイ

【映画の感想】オデッセイから学んだ諦めない心

『オデッセイ』は2015年に公開された アメリカのSF映画なんですけど、 結論、 ・「知らない」って怖い ・「諦めない」ってこういうことか! って思いました。 目次1 『オデッセイ』あらすじ2 若い人 …

えんとつ町のプペル

【映画感想】えんとつ町のプペル

2020年12月25日に公開された。 『えんとつ町のプペル』を観てきました。 (本稿は作品のネタバレが入ります。 あらかじめご了承ください。) 目次1 あらすじ2 偉大な人も笑われてきた3 笑われた経 …

アバウトタイム

【映画感想】アバウト・タイム~愛おしい時間について~

「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」という映画を観ました。 ネタバレしない程度に感想を書きます。 あらすじ イギリス南西部コーンウォールに住む 青年ティムは、両親と妹、 そして、伯父の5人家族 …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。