曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

読書

仕事の目的が違った2人の10年後

投稿日:

御岳登山鉄道エキスパート | 安全運行の秘密

僕の大好きな本の1つ、
私が一番受けたいココロの授業』より
ご紹介です。

アメリカの鉄道会社の社長が
あるとき、修理現場で一人の
作業員に話しかけられました。

「久しぶりだね!
君もずいぶん出世したものだね」

その作業員は、約10年前に、
社長と一緒に働いていた友人でした。

その友人は言いました。

「10年前は一緒に50ドルの日給を
もらうために働いていたのにね。
君も変わったね」

社長は答えました。

「・・・そうだったのか。君は、
50ドルをもらうために働いていたのか。

私は、10年前も今もこの会社のために
そして、世の中の人に快適な
旅をしてもらうために働いているんだ」

私が一番受けたいココロの授業

 

この話を読んで、どう感じましたか?

一方の男性は、10年前と同じ仕事をし、
もう一方の男性は社長になっています。

この違いはなにか?

僕はこう考えます。

「もらおう」として働いているか
「与えよう」として働いているのか

「もらおう」として働いている人は、
自分の利益を優先しています。

将来、ラクしたがる人の典型です。

でも、何も与えないから
誰からも何も与えてもらえません。

「与えよう」として働いている人は
人の利益を優先しています。

だから、周りに好かれて結果的に、
与えられる数が増えて豊かになります。

この生き方の違いは大きいですよ。

残酷かもしれないけど、事実、
人は器の分しか豊かさを
受け取れないと思います。

「100万円あったら何に使う?」
って質問されたときに、
即答で使い道が思いつかない人や
自分のことしか考えていない人、
「貯金」とか言っちゃう人は
多分、その金額以下の器です。

与えるが先
受け取るが後

 

僕が大事にしていることです。

END

-読書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

読書のスキルで人生が変わる

ソクラテスはこう言いました。 「書物を読むということは、 他人が辛苦してなしとげたことを、 容易に自分に取り入れて 自己改善をする最良の方法である」 無知は悪いと思いません。 でも、無知の自覚がないこ …

やめる勇気

【書籍感想】昼スナックママが教える45歳からの『やりたくないこと』をやめる勇気

今日は「昼スナックママが教える45歳からの『やりたくないこと』をやめる勇気 (木下柴乃/著)」について、要約・感想を書きます。 結論、ポイントはこの2つです。 ①自分に3つのタグ付けをしよう ②お金・ …

アウトプットの仕方がわからなかった、この本を読むまでは…

「最高のアウトプットができる スゴイ! 学び方」という本、良かったです。 学びや情報の受信感度が高くなるから 今、読んでいる本が途中でも、 一旦その本を置いてでも 先にこの本をおススメします。 まず、 …

【おススメ本】誰も教えてくれない考えるスキル

いきなりですが、 「今の自分は過去の集大成」です。 当たり前と言えば、当たり前ですが、、、 考えたことをやって、 やったことが結果になります。 誰もが24時間なのに、 結果が違うってことは 考えている …

成長をテーマにした予定

〇〇した数だけ人は成長する

僕が大好きな本で ベストセラー「夢を叶えるゾウ」 という本がありますが、 その著者・水野敬也さんが書いた 「大金星」という小説があります。 ここに出てくる主人公をサポートする 変な男の言葉にこんな言葉 …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。