曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

心理

アンガーマネジメントの基本は「〇〇」

投稿日:

アンガーマネジメント

みなさんは「アンガーマネジメント」
という言葉をご存知でしょうか?

1970年代にアメリカで生まれた
とされている怒りの感情と上手に
付き合うための心理教育、
心理トレーニングです。

日本アンガーマネジメント協会によると
怒らないことを目的とするのではなく、
怒る必要のあることは上手に怒れ、
怒る必要のないことは怒らなくて
済むようになることを目標としています。

そんな中、アメリカでアンガーマネジメントを
受けるときに最初に習う言葉があるそうです。

それは「RUN」です。

直訳すれば「走れ」ですが、
ここでは「逃げろ」の意味です。

「その場にいて何かトラブルになりそうなら
一目散にその場から立ち去りなさい。
それが怒りのトラブルを避ける最善だから」

という理由だそうです。

その場からまずは離れること、
相手が見えなくなる場所へ
移動することが推奨されています。

文化が違えば、逃げることは
決して恥ずかしいことではありません。

逃げて怒られるのは人間ぐらいです。

ほかの生き物たちは本能で逃げないと
生きていけないのにどうして人は
逃げてはいけないのでしょう?

あと、人だけでなく「コト」からも
逃げることが大事だと思います。

「好きなことで生きていく」より
「嫌いなことで生きていかない」
めちゃくちゃです。

「不幸」という字を分解すると
「不」と「幸」になります。

「不」要なものを排除していけば
「幸」せになっていけるんです。

心が傷つく出来事よりも
心が少しずつ削られていることに
気がつけない出来事のほうが
だいぶダメージが大きいと思います。

たとえば、満員電車や長時間労働、
サービス残業などですね。

自分を騙し、心をすり減らしながら
働くことに慣れたら絶対ダメですよ。

僕の場合、お勤めの頃は、
仕事は別に嫌ではなかったし、
長時間労働でもよかったんですが
好きなことに時間を使えなかったことが
辛かったです。

家族や友達、恋人を犠牲にした
ブラックな働き方をやめました。

そして、
得意先とかクライアントだからといって
ヘコヘコするも嫌だったし、
礼儀やマナーがなってない人と
関わりたくなかったです。

そうやって、「やめた」こと
「逃げた」ことによって、
幸福度が爆上がりしました。

違いを受け入れ、人間関係を良くするために
アンガーマネジメントを学ぶことはもちろん、
心が削られていることに気付き、
それを勇気を持ってやめていきましょう。

アンガーマネジメントの基本は逃げろ

END

-心理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お詫び

完璧な謝罪には6つの要素がある

2016年、オハイオ州立大学が 「完璧な謝罪法」の研究をしています。 そこで「許される謝罪」には、 次の「6つの要素」が 必要なことがわかりました。 この6つができるかどうかが、 「許される人」「許さ …

比較

人と比べるのは〇〇な証拠

誰かと比較して、 自分の至らないところばかりに 目のいく人がいます。 そんな人はどんな状況でも、 心の休まるときがありません。 いつも不安な毎日を 過ごすことになります。 人の不幸は比較から始まります …

ストレス

ストレスは〇〇で吹き飛ばす

精神科医としてたくさんのストレスを 抱えている患者さんと付き合ってきた 長年の経験から、効果抜群の方法がある と斎藤茂太氏は言います。 それは、 ストレスはストレスで飛ばすこと。 「STRESS」とは …

内省

後悔をなくす3つのルール

この3つを守るだけで後悔を劇的に 減らせるんじゃないかと思います。   幸せなときに約束しない 怒ってるときに返事をしない   悲しいときに決断しない   「つい、思わず …

怒りの裏にはチャンスがある

怒りの裏にはチャンスがある

ドイツの文豪ゲーテはこう言いました。 人間最大の罪は不機嫌である 不機嫌は伝染しますもんね。 自分の機嫌は自分で取れる人が大人。 最近イラっとしたことがある人! その怒りの感情の裏に 「自分が大切にし …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。