曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

調査・研究

東大合格者はあまり勉強していない?

投稿日:

 

【東大合格者傾向から考察できる今後の学習支援事業の在り方】 - CNET Japan

東進ハイスクールの林修さんの
今やる人になる40の習慣』に
興味深いことが書かれています。

それは、東大に合格できた学生に
アンケートをとってみると、
「そんなに勉強しなかった」と答える人が
非常にたくさんいるのだそうです。

でも、「何時間くらい勉強しましたか?」
と聞いてみると、その回答が面白い!

「平日は6時間、休日は8時間くらい」
といった答えが返ってくるのだそうです。

「そんなに勉強していない」どころではなく、
十分すぎるほど勉強していますよね。

ただ、東大合格者にとっては、
努力をすることが当たり前なんでしょうね。

目標を達成できる人は、努力を厭いません。

というより、本人は「努力している」
とも思っていないでしょうね。

すごい人の「何もしてないですよ」
というのは努力を無意識レベルで
できるくらいに習慣化しているからです。

だから、普通の人からすれば
「え、すご!」と思うような努力を
日々継続しているんです。

本当に何もしてないわけないじゃありません。

 

基準値が違うんです。

 

世の中で差別化を図りたいなら
他の誰かがしていないことではなく
他の誰もしていないレベルでやることが
かなり重要な気がします。

その辺のホテルも、リッツカールトンや
パークハイアットもハレクラニもアマンも、
ホテル御三家(帝国ホテル、ホテルオークラ、
ホテルニューオータニ)もやっていること
お客様に安らげる空間の提供ですよね?

でも、提供しているレベルが違いますよね。

頑張っているってどのレベル?
努力ってどのレベル?

人様がやっていないレベルでやったか?

自分が自分に対してNoなら
結果は出なくて当然なのかもしれません。

「人生でこんなに頑張ったことないわ」
っていう行動量を継続した人にのみ、
一生を支えてくれるような経験ができたり
ステキな人と出会えたりするんですよね。

 

基準とは最低ライン!

これだけは絶対に毎日やる!とか
月に10冊は本を読むとか、
素振りを毎日1000回するとか、

その当たり前の基準値が上がれば
必ず成長しています。

ライバルはいつも自分ですね!

END

-調査・研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

決定麻痺

決定麻痺の人の共通点

行動経済学の言葉で 「決定麻痺」という法則があります。 人は選択肢が多過ぎると その選択を先延ばししたり 選択すること自体をやめてしまう ということです。 この決定麻痺状態の人の 共通点は明らかに判断 …

探し物

日本人は年間で52日も探し物をしている

米国Zippo社が2014年に行った 調査によると人がモノを探している 時間は年間で7万5322分だそうです。 つまり、52日間も人は、 探し物をしているわけです。 めちゃくちゃもったいないですよね。 …

スマホの使用時間

子どものスマホ使用時間と偏差値の関係

先日、友達に1つの記事を シェアしてもらいました。 子供のスマホ使用時間と偏差値の関係   小中学生7万人調査でわかった 衝撃の事実という内容ですが、 簡単にまとめると・・・ ・スマホの使用 …

ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則

アメリカの損保会社で 調査部の副部長をしていた ハーバート・ハインリッヒさんは、 ある工場で発生した数千件の 労働災害を統計学的に調査しました。 その結果、 「1つの重大事故の背後には、 29の軽微な …

幸福度

世界幸福度ランキング2022年版

世界中の国に住む人々の幸福度を調査する 世界幸福度報告2022年版が公開されました。 新型コロナウイルスの感染拡大よる 社会的不安が広がる中、慈善活動に励む人が 感染拡大前と比べて約25%増加するなど …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。