曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

コミュニケーション

コミュニケーション上手な人が必ずやっていること

投稿日:

ソース画像を表示

伝わる話し方ができている人は
必ず、相手目線でわかりやすい
言葉を使っています。

ニュースで専門家などの解説が
つまらなく聞こえてしまうのは
専門用語などの聞き慣れない
言葉が多いからなんですよね。

どの業界でもいわゆる「業界用語」
っていうものがあると思います。

でも、それって、業界じゃない人は
わからないですよね。

例えば、次の医療用語のうち
いくつわかりますか?

1:おかん
2:かんしん
3:せいしき
4:ごえん

ふつうに聞けば、

お母さん?
関心?
正式?
ご縁?

と思いますよね。

でも、答えはこうです。

1:おかん→悪寒
2:かんしん→汗疹=あせも
3:せいしき→清拭=体をふくこと
4:ごえん→誤嚥=誤って気管内に入ること

 

医療関係者じゃない人で
4つともわかった人は
いないんじゃないでしょうか。

つまり、
なるべく専門用語などは控えて、
相手がわかる言葉に変換してあげる
思いやりがとても大事ですよね。

自分の常識は必ずしも
相手の常識ではありません。

相手目線でわかりやすい
言葉を使いましょう。

END


-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コミュニケーション上手になるための5つのポイント

人の悩みは8~9割は「人間関係」 と言われていますよね。 でも、これって、コミュニケーション 能力を磨くと解決できることも 多いと思うんですよね。 で、コミュニケーションにおいて 問題となりやすいこと …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。