曇り空の上はいつも青空

自分らしく生きるためのメディア

働き方

1つ上のポジションから仕事を俯瞰してみよう

投稿日:

東京商工リサーチによると
2021年8月倒産状況は
以下の通りでした。

倒産件数466件
負債総額909億7,300万円

ちなみに2021年上半期
以下の通りでした。

倒産件数3,044件
負債総額6,116億円5,900万円

 

先が不透明なVUCAの時代。

副業をしている人、
副業をしようとしている人も
いると思いますが、
本業をしっかり頑張る!
というのも大事だと思います。

副業で結果を出していく人は
本業で結果を出して、
自分はもっと評価されていいはず!
って人が多いように思います。

会社に文句ばかり言って、
本業で貢献していない人が
副業で稼げるとも思いません。

自分が社長だったら
昨日の自分にいくら払える?
先月の自分にいくら払える?

これにドキッ!とした人は
会社に文句を言う資格なし。

「もっと貰っていい!」
って言う人が独立する人。

そもそも、
自分にかかっている費用は
社会保険など含め、
人件費の約3倍かかっています。

だから、手取り20万円の人で、
単月60万円の売上を自分1人で
作れない人は「給料低い」
と言う資格はありません。

そもそも交通費が出るだけでも
どれだけ有難いか。

自分が社長なら自分と同じ人に
今と同じ給料を払えるか、
という視点は大事です。

不安やストレスもだって
あるかもしれませんが
まずは、仕事ができることに
感謝しましょう。

 

そして、1つ上のポジションから
仕事を俯瞰してみるということを
意識してみましょう。

登山でたとえると、
自分はまだ3合目

上司は5合目にいます。

役員は7合目にいて、
社長は山頂にいます。

明らかに見えている
世界が違います。

自分が普段考えていないことを
上の人たちは考えています。

自分が5合目にいたら、
3合目にいる部下に向かって
なんて声をかけ、
何を段取りし、
上まで導くか考えますよね。

これを仕事でも想像してみてください。

それがわかれば、
上司が自分に何を求めているか
今何をすれば上司が喜ぶか、が
わかると思います。

END


-働き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【働き方改革】個人が変えるべきたった1つの思考

今回は僕自身が大手、ベンチャー、 独立を経験して思う働き方と 今後の考え方について書いています。   今までに書いたことある内容もありますが 重複するってことはそれだけ重要視している 内容だ …

新入社員

社会人が一番はじめに乗り越えないといけない壁

6月になりましたね。 新卒は2ヶ月経ちましたね。 社会人が仕事で一番はじめに 乗り越えないといけない壁は 「自分はこんなに力がないのか」 っていう現実かもしれません。 ぼくの場合、焦りはしませんでした …

仕事での目標がなかなか見つからない人へ

仕事を辞める時に言われたい と思った言葉はあなたの 「仕事での目標」だったりします。   そして、目標が明確になれば 充実した仕事ができます。   僕が当時言ってもらいたかったのは 「たかとを採用して …

カンブリア宮殿から学ぶオーナー思考

先日、カンブリア宮殿という番組の 「コメダ珈琲の新戦略」を観た。 「オーナー」にフォーカスした ドキュメンタリーでトークも 交わされていた。 この番組を観て思ったのは 同じことをしていても立場によって …

現代のキャリアの歩み方

新型コロナウイルスの影響よって 働き方に疑問を持つ人が増えました。 緊急事態宣言は再延長され、今も、 先が不透明な日々が続いております。 今回の記事が、今後、仕事をしてく中で 少しでもヒントや参考にな …

小中高大と15年間キャプテンとして 青春の全てを野球に。人材大手企業 I ベンチャー I 独立。主に採用支援 ・オンラインサロン、たまに大学で登壇します。「私は私が大好き」って人を増やしたい!メルマガ毎日配信4年半以上。